学術大会

第19回 日本刺絡学会 学術大会(終了しました)

第19回学術大会

学術大会テーマ
「刺絡鍼法—継承から進化へ—」

場所
森ノ宮医療学園専門学校 

日程
平成22年 6月26日(土)13:00~ / 6月27日(日)10:00~

会頭
安雲 和四郎(日本刺絡学会会長)

副会頭
南 利雄(日本刺絡学会理事)

実行委員長
川内 良典(日本刺絡学会評議員)

プログラム

6月26日(1日目)
13:00 開会 総合司会 川辺 祐介
開会の辞 実行委員長 川内 良典
13:10 会頭講演 日本刺絡学会会長 安雲 和四郎
「刺絡鍼法の現状と将来展望」
司会 石原 克己
13:40 一般演題①
14:40 休憩
14:50 学会報告
15:30 特別講演 片桐 一男
「刺絡鍼法中興の祖 阿蘭陀通詞 吉雄幸左衛門耕牛の事蹟」
司会 勅使河原 悦司
17:00 懇親会3階 
司会 山本 卓

6月27日(2日目)
10:00 ポスター発表
10:30 一般演題②
11:00 教育講演 長野 仁
司会 濱中 力
13:00 パネルディスカッション テーマ:難病に刺絡

パネリスト
「ガンに刺絡」 真柄 俊一(素問八王子クリニック)
「繊維筋痛症その他に刺絡」 西田 皓一(西田順天堂内科・高知大学医学部臨床教授・日本刺絡学会評議員)
「クローン病に刺絡」 関 信之(日本刺絡学会理事)

司会:南 利雄(日本刺絡学会理事)

 

2019年11月11日 | Posted in 学術大会Comments Closed 

関連記事