平成30年度 東京 刺絡鍼法基礎講習会

活動内容

刺絡は鍼灸師が行なえる業務であり、法的にはまったく問題がありません。速効性があり、急病にも有効な刺絡を、効果的かつ安全に行なえるようにサポ-トする日本刺絡学会主催の講習会です。



去年のアンケートを表示する     

日程

プログラムは後日変更することがあります。

  10時〜12時  理論 13時〜16時  実技
6/10 開講式
衛生/リスク管理
消毒法と用具・現行法規
井穴刺絡の意義と適応
刺絡鍼法デモ
井穴刺絡の実際
7/8 皮膚刺絡の意義と適応
刺絡鍼法デモンストレーション
井穴・皮膚刺絡の実際
8/12 細絡刺絡の意義と適応
刺絡の起源と伝統医学
細絡刺絡の実際
9/9 日本の刺絡治療の沿革
症状別刺絡鍼法
症状別刺絡の実際
終講式


詳細
日 時

2018年(平成30年) 6/10,7/8,8/12,9/9
各10時~16時(各第2日曜)

場 所

関東鍼灸専門学校
千葉市美浜区若葉2-9-2
(・JR総武線・京成千葉線「幕張駅」南口より徒歩約13分
・JR京葉線「海浜幕張駅」北口より徒歩約15分
・駐車場70台)

対象者

有資格者(鍼灸師・医師)及びその学生 約45名
※ 学生の実技講習の時間は免許の関係上、
刃先を出さずに練習致します。

受講料

有資格者 40,000 円 / 学生 25,000 円
その他、用具(21,000 円)と
『新版刺絡鍼法マニュアル(六然社刊)』(5,000 円)を
お持ちでなければ、ご用意頂く必要があります。
※用具一式: スプリング式三稜鍼1本・手打ち式三稜鍼1本・
吸角セット{3号1個・4号2個(バルブ付き)・手動ポンプ一式}
学生は用具購入を講習会参加の前提条件とはしませんが、
希望者には販売します。
刺絡鍼法マニュアルをテキストとします。
※ 有資格者、学生ともに事務局から後日送付する
同意書に署名・捺印下さい。
※ 有資格者は、個人で医師賠償責任保険または
鍼灸賠償責任保険に加入していることが
刃先を出しての実技受講の条件となります。

■その他

・講習会への再受講は、半額で受けられます。
・基礎講習会修了者は、日本刺絡学会認定制度の
実技試験を通ることにより、認定登録の申込み資格が得られます。

■申し込み
期限

5月末日(ただし、定員に達し次第、締め切ります)


お申し込み

1、コチラの申込フォーム に必要事項をご入力の上、お申込み頂けるようになっています。

2、フォーム送信後、3~5日以内にご登録頂いたメールアドレス宛に申込を受け付けた旨の返信を致します。

3、並行して、ご登録頂いたご住所宛に詳細を記載した封書を郵送致します。

4、お申し込みは、フォーム送信完了ではなく、受講料をお振込み頂いた順番で完了させることになっております。悪しからずご了承ください。



お問合せ

メールでの問合せ先は にお送りください。返信につきましては、恐れ入りますが2~3日の猶予を頂きます。



-->
講師 日本刺絡学会役員

石原克己, 内山千代, 大貫 進,勝山義樹, 楠本 淳, 工藤哲也, 小池栄治, 杉山友彦, 関 信之, 勅使河原悦司, 友部和弘, 野間希代巳, 間 純一郎他