会長あいさつ

 長年にわたり日本刺絡学会会長をつとめてこられた安雲和四郎先生のご逝去をうけ、このた び会長に就任させていただくことになりました学校法人森ノ宮医療学園理事長の清水でございます。日本刺絡学会初代会長の森秀太郎先生は森ノ宮医療学園(当時、森ノ宮学園)の初代理 事長、2 代会長の安雲和四郎先生は森ノ宮医療学園専門学校校長、森ノ宮医療大学副学長であ り、この度、会長という大役にご指名いただきましたことは、私個人のみならず当学園としま しても、大変名誉なことと思っております。

 日本刺絡学会は刺絡鍼法の普及・発展により、医療に貢献することを目的に設立され、以来、 基礎講習会や認定制度を実施するなど、刺絡鍼法への正しい認識を確立するために、歴代会長 をはじめ会員の皆様が努力を重ねてこられました。会長就任にあたり、あらためて長年にわたる皆様の多大な努力に対し敬意を表したいと思います。

 一方で、正しい認識の確立が必要であるということが示しますように、刺絡鍼法がおかれて いる状況は十分であるとはいえないのではないかと思います。会員の皆様におかれましても、 刺絡鍼法との出会いは、はり師・きゆう師の資格をとり、実際に患者さんに施術するように なって、悩んだ末に刺絡鍼法にたどりついたという方も少なからずいらっしゃるのではないか と思います。刺絡鍼法は、実際に行ってみて初めてその反応を実感できますが、現状の鍼灸業 界や養成校の状況においては、その機会を得ることが容易ではないといえます。そうした中で、本学会が果たすべき役割は非常に重要であり、症例の集積や科学的な探求といった取り組みを ベースとし、有資格者の方々への普及のみならず、養成校においても正しい認識がなされるよ うに努力していく必要があると思っております。

 刺絡鍼法が、将来にわたって、はり師・きゆう師が行う鍼の技法であり続けるために、時代 の趨勢を視野にいれつつ、正しい技法の伝承、疾病へのさらなる応用の研究を行っていくこと が日本刺絡学会の大きな責務であると考えております。

 今まで会員の皆様が尽力されてきたことを継承し、発展させることができるよう取り組んで まいる所存でございます。皆様のご協力をお願い申し上げまして、就任のご挨拶といたします。 どうぞよろしくお願いいたします。



日本刺絡学会
会長 清水 尚道




→ 前会長あいさつ