平成25年度
日本刺絡学会認定医師・鍼灸師制度 認定講習会
および実技審査についてのお知らせ

日本刺絡学会では、刺絡鍼法が正しく行われ、それにより医療の質を高め「国民の疾病治療と健康保持・増進に寄与すること」を目的とし刺絡鍼法認定制度を設置致しております。


この認定制度は刺絡鍼法の知識・技術優れた方々を学会が認定するものです。

この度は、基礎講習会を修了されていない先生および基礎講習会修了後5年を経過した先生方を対象に、認定登録をしていただくための認定講習会および実技審査を行います。


この有効な刺絡鍼法を国民が安心して受療出来るよう認定登録されることをお勧め致します。今後とも国民医療に刺絡鍼法を活用されることを祈念致しております。


刺絡鍼法認定制度実行委員会



資格

日本刺絡学会会員(毎年会費納入)の医師ならびに鍼灸師で
認定審査に合格した会員。



申し込み方法

当会のHPよりダウンロード印刷した認定審査申請書に記入し鍼師、医師免許証のコピーを同封の上ご送付ください。
認定登録料(審査料5,000円を含む)は15,000円(5年間有効)です。本年より認定登録には実技審査を受けていただきます。不合格の場合には登録料10,000円を返金します。
基礎講習修了者以外は認定講習を受講していただきます



認定更新

更新条件として当会の学術大会に2回以上の参加。2回未満の場合には認定講習を受講していただきます。(更新料15,000円・5年間有効)
*現在学会では認定条件の再検討をしております。来年からは認定更新希望者全員に実技審査を行う予定です。負担が増えると危惧されるかもしれませんが、認定者のレベルアップを目的とした更新条件の改訂で、認定医師・鍼灸師としての価値も上がります。詳細は決定次第お知らせ致します。



日時および開催場所
東京講習会 大阪講習会
場所:東洋鍼灸専門学校
(新大久保)講堂
場所:森ノ宮医療学園専門校
6階視聴覚室
日時:平成23年6月12日(日)
  • 10:00 認定講習会 法律「刺絡の法的解釈」、衛生
  • 12:00 実技審査
持ち物 筆記用具、白衣、ご自分の三稜鍼

実技審査では、当会が用意した三稜鍼かご持参のもので自分の足三里穴等に施術していただきます。判定基準は『刺絡鍼法マニュアル』に従い、三稜鍼の扱い方、吸い玉の使い方、ガーゼの使い方、姿勢等について審査いたします。当日は塩野製作所のスプリング式三稜鍼、吸い玉はTT式を用意しております。



認定基準・費用・審査結果
認定基準 1.有資格者(鍼灸師ならびに医師) であること
2.刺絡学会会員であること。25年度会費を納めていること
3.基礎講習会を修了していない場合、もしくは修了後5年経過
している場合は、認定講習会を受講し、 実技審査に合格
していること。
費用 認定審査登録料  15,000 円 (5年間有効)
※審査の結果不合格であった場合は登録料を返金いたしま
せんのでご了承ください。
審査結果 その場で発表、2ヶ月後に認定証を郵送します。


お申込み方法

別紙申込書およびはり師免許証もしくは医師の免許証のコピーを受講する会場の事務局に郵送していただきます。


東京会場 申し込み先 大阪会場 申し込み先
日本刺絡学会認定講習会 東京事務局
日本刺絡学会認定講習会 大阪事務局
  Fax 050-1060-1560
tokyo_nintei@shirakugakkai.com osaka_nintei@shirakugakkai.com
申し込みの締め切り 5月10日
認定更新
5年の認定期間が終了し、再度認定を希望する場合には更新の
手続きが必要です。その条件として、認定期間内に当会主催の学術大会
を2回以上参加すること。但し、この条件を満たしていない場合には、認定
講習を受講していただきます。この認定条件の意味するところは刺絡に
ついて最新の情報を得ていただきたいので設定致しました。ご理解をお願
いします。尚、認定期間終了時にはお知らせを送付します。
認定講習会振り込み先
ゆうちょ銀行 00980―1―240559 日宝堂鍼灸院

基礎講習会を修了されて5年以内で、認定登録をご希望の先生は事務局までお問い合わせください。認定講習会受講の必要はありません。