日本刺絡学会認定医師・鍼灸師制度
認定講習会および実技審査についてのお知らせ

 日本刺絡学会において刺絡鍼法の学問的研究,刺絡技術の向上と発展、普及など地道な研究活動と普及活動を行ってきました。 これにより、刺絡鍼法の社会的認識も高まり、各方面の有識者・医師・鍼灸師・病める人達 から多くの支持を受けるようになって来ました。

一方、刺絡鍼法をとりいれようとする医師・鍼灸師が年々増加するのに対し、教育機関の指導者は皆無に等しく、 業界も積極的にこれを取り入れることに戸惑いを感じているのが現状であります。このような状況を踏まえると日本刺絡学会の役割はさらに重要となっています。

日本刺絡学会は、刺絡鍼法が正しく行われることにより医師・鍼灸師の医療の質を高め「国民の疾病治療と健康保持・増進に寄与すること」と確信しおり、本学会では会員自身が自己研鑽を行う手段と、刺絡鍼法の水準を高めるため、刺絡認定制度を設置することとしました。


日本刺絡学会会長
安雲和四郎