第21回 日本刺絡学会学術大会

開催概要

  • テーマ「刺絡鍼法の可能性と限界」
  • 会場森ノ宮医療学園専門学校
  • 日程:平成24年6月24日(日)10時~
  • 会長:安雲和四郎(日本刺絡学会会長)
  • 会頭:石原克己(日本刺絡学会副会長)
  • 実行委員長:間純一郎(日本刺絡学会理事)

主なプログラム

  • 会頭講演:石原克己(日本刺絡学会副会長)「刺絡鍼法の可能性と限界」
  • 特別講演:西田皓一(西田順天堂内科)「頭部の静脈系循環システム・頭部の疾患と静脈系うっ血との関係、またそれらの治療について」
  • シンポジウム:テーマ「臨床の中での刺絡の位置づけ」

参加費

学術大会 会員5000円 非会員8000円 学生3000円 
当日受付はそれぞれ1000円増になります。
6月8日(金)が事前申込みの締切りとなります。

懇親会費:5000円(事前申込みとなります)

※参加申込:下記郵便局口座に参加費をお振込み下さい。
当日は、振込票の控えを受付に提示してください。
(参加種別、懇親会出席等を備考欄へご記入ください)
懇親会は、6月8日(金)迄にお申込みください。 (事前申込みのみとさせていただきます)
※振込票の控えを領収書に変えさせていただきます。
参加申し込み後、取り消しになられても参加費・懇親会費等は
ご返却できませんので、ご了承ください。

タイムスケジュール

6月24日(日)10:00〜16:00

時間 プログラム
 09:00受付
 10:00   開会 総合司会   川辺 裕介
開会の辞 日本刺絡学会会長  安雲 和四郎
 10:10会頭講演 刺絡鍼法の可能性と限界
日本刺絡学会副会長 石原 克己
司会 間 純一郎
 10:50《一般演題1》 「小児のアトピー性皮膚炎に対する刺絡治療~特に痒みに対して~」
東洋はり医学会関西支部  総務部長 白川 未奈 
《一般演題2》 「ストレスによる慢性後頭部痛の刺絡治療」
東洋はり医学会関西支部  神開 雄三
《一般演題3》 「刺絡術における安全性と細絡の認識」
愛媛県立中央病院  東洋医学研究所 岩切 俊人 大塚 素子 山見 宝 山岡 傳一郎
座長 中谷 努 廣中 敦紀 紀野 江理

《一般演題4》 「膝関節痛に刺絡が有効であった一症例」
福岡刺絡研究会  松隈 夏美
《一般演題5》 「乳様突起付近の刺絡により疲労感が改善された症例」
大阪刺絡研究会  廣中 敦紀
《一般演題6》 「突発性難聴に刺絡が有効であった一例」
和光治療院・漢方薬局  平地 治美
《一般演題7》 「外傷治癒後に残存した疼痛及び痺れに刺絡が奏功した2症例」
平田整骨院・鍼灸院  平田 和仁
座長 大塚 仁吾 野間 希代巳 松隈 夏美  小早川 静泰
 12:00昼休み
 12:30総会
 13:00《特別講演》
「頭部の静脈系循環システム・頭部の疾患と静脈系うっ血との関係、 またそれらの治療について 」

西田順天堂内科  西田 皓一
司会 川内良典
 14:00《委託研究》
「細絡の細絡の形態学的研究」 
愛媛県立中央病院 東洋医学研究所  大塚 素子 山見 宝 山岡 傳一郎
司会 奥野 浩史
 14:20休憩
 14:30《シンポジウム》
「臨床の中での刺絡の位置づけ」
愛媛県立中央病院 東洋医学研究所 山見 宝 
日本刺絡学会副会長 勅使河原 悦司 
日本刺絡学会事務局長 楠本 淳 
刺絡研究会  友部 和弘
司会 間 純一郎  関 信之
 16:00閉会の辞
 16:30   懇親会

学術大会事務局

〒545-0004 大阪市阿倍野区文の里2-6-12 はた鍼灸院内
Tel&Fax 050-1060-1560
E-mail greatdipper_mアットマークybb.ne.jp (アットマークを@に変換して送信してください)

お知らせ

  • タイムスケジュールを更新しました(2012.6.8)
  • 日本刺絡学会 学術大会特設webサイトをオープンしました(2012.1.27)
  • 内容を更新しました(2012.4.11)
2021年04月19日 | Posted in 過去の学術大会 | | No Comments » 

関連記事